陰キャ美少女は担任にヤられてもイキまくる 第7話 あらすじ

陰キャ美少女は、担任にヤられてもイキまくる 第7話 あらすじとレビュー

陰キャ美少女は、担任にヤられてもイキまくる 第7話 あらすじはこちら!

 

「待ってたぜぇ~俺のお○んこちゃん~♪」

そういうと担任は茜を抱きかかえビンビンのチ○ポを押し付ける!

「やっぱりベッドがあるとセッ○スしやすいよなぁ~♪」

 

ベッドに押し倒された茜は、みるみるうちに服を脱がされるのだった。

そしてガムテープで両手をしばられ、四つん這いにされられると局部が丸見えになっていた。

担任はおもむろに茜のお○んこに手をかけ、広げてまじまじと観察する・・・。

 

もう担任のチ○ポはすでにビンビンで今にもはちきれそうになっている。

「お前、おっさんの性欲を満たすために生まれてきたようだな・・・」

そう言い残すとさっそくバックからお○んこにチ○ポを挿入する!

 

パンパン!x2
パンパン!x2
パンパン!x2

 

「借金までして風俗にいったのに・・・かすんでしまうな・・・」

そして今度は体制を変えて正常位でカラダをおこしてハメ倒す!

「俺が中までこのカラダ、食い尽くしてやる!」

 

次に担任は騎乗位のスタイルで下から上にチ○ポを突き上げる!

茜は突き上げられるごとに、ビクンとカラダが反応してしまう・・・。

「ほら、くちを開けてみろ・・・!」

 

担任は無理やり茜の口を広げて自分の精○が入っているかを確認した。

「まだ入っているな・・・しかしこれで構内歩いてきたのか・・・?」

「・・・飲め!?」

 

茜はこの時にはじめて担任の精○を飲み干すのだった・・・。

くやしいのか感じているのか、茜の瞳からは涙があふれ小刻みに震えるのだった。

興奮した担任は茜の両方の乳首を片手の指で強くつまんだ!

 

「ひ、ひゃあぁ・・・!?」

乳首をつままれたまま手前に引っ張られるので、茜の胸が伸びている。

「さぁ・・・何回戦でもヤるぞ・・・茜・・・!?」

 

別の教室では、男子が茜のことを清純だと噂していた・・・。

だが同じころ、担任は茜に目隠しをしてギャグボールで口をふさぎ座ったままでハメ倒していた!

茜の口からはよだれが、だらだらとだらしなく垂らし口を伝ってしたたり落ちていた・・・。

 

次に担任は、コロッケを食べながら目隠し状態の茜のカラダをむさぼっていた。

「昼飯食べながらテレビをみつつ、こんなエロいカラダとセッ○スしてるなんでな♪」

「んんんんーーーーー・・・・・💛」

 

「なんだお前・・・イきまくってんな!?」

「カラダがセッ○スの気持ちよさを覚えてきたんだな!・・・そうだろ?」

「あっ・・・あっ・・・💛」

 

ドピュ!
ドピュ!
ドピュ!

 

「あーあっ・・・中に出しちまった・・・」

だがまだ担任の性欲はこれでは終わらずまだまだ茜のカラダをむさぼり続ける。

茜の乳首をつまみあげ、片方の胸をわしづかみにすると茜は気持ちよさそうな顔をするのだった。

 

「ゴムつけるかわりに・・・ひどいエッチするからな・・・返事は?」

「ひゃ・・・ひゃい・・・」

夕暮れ時になる解放された茜はクラスに戻り、ノートを取りに行った。

 

「ノート・・・あった。」

窓から外を見ると茜が好きな人がサッカーをしていた・・・。

「あの人・・・サッカー部なんだ・・・。」

 

(返事・・・まだまっているのかな・・・)

茜はそう思ったと同時に担任との過激なセッ○スを思い出してしまう・・・。

そしてセッ○スの快楽までも思い出してしまい、自分からスカートをまくりあげる!

 

そして家でもオ○ニーしていたことを思い出してしまい、どうしようもなくなる茜・・・。

ガマンできなくなった茜は立ったまま、そのまま教室でオ○ニーを始める!

そんな茜の背中を誰かが指でなぞる!

 

たったそれでけで唾をひくほどカラダがぞくぞくしてしまい、おもわず声が漏れる・・・。

すると背後から胸をわしづかみにされ、茜はあへ顔するほど感じてしまうのだった。

「背中なぞるだけで愛液たらすほどかんじるようになったのかぁ・・・?」

 

「せん・・・せい・・・」

担任は背後から茜のお○んこを広げると、もうすでにぽたぽたと汁がしたたり落ちる!

「あの子が告白してきたのか・・・?誠実でまじめだぞ・・・」

 

そういうと胸をはだけさせピンクの乳首が夕日に照らされいやらしく光る。

「や・・・やあぁ・・・」

担任はまたしても茜の胸を指がくいこむくらいに強くもみしだく!

 

「でも小太りは小さいみたいだぞ・・・まぁ統計だけどな・・・」

「せん・・・せい・・・もお・・・ダメ・・・いじめないでえぇ・・・」

担任は茜のパンツをずらしてビンビンのチ○ポを挿入しようとしていた!

第7話 学校で四六時中ハメられて巨根に馴染んでいく身体 レビューと見どころ解説

 

今回も、待ち構えていた担任はつかまってまたしてもハメられる茜ちゃんです♪

どうやらベッドがあるとヤりやすいのだそうな・・・(^^)

そして茜ちゃんは趣向を凝らしてガムテープで両手をしばられてしまいます(*゚▽゚)ノ

 

これで抵抗できないんですけど、そもそも抵抗しないのが茜ちゃんなんですよね♪

ハメハメするのですが、このときまだ口の中に担任のザー○ンが残っているというね(^Д^)

そして担任が飲めといったときに初めて飲み干すというどエム全開の茜ちゃんですよ( ̄∀ ̄)

 

このシーンが自分的にはぐっとくるエロいシチュエーションだと思うのですがいかがでしょうか?

それにも飽きずに今度はコロッケを食べながらテレビを見ながらのハメハメという流れに♪

ながらでここまでやるというのも、そういないのではないでしょうか?

 

気が付いたら目隠しやギャグボールまでさせられているという茜ちゃんももはやプロですよ(´∇`)

この担任の性欲もさることながら、そのまま受け入れてしまう茜ちゃんもなかなかの逸材ですね(≧∇≦)

そしてやっと終わったと思ったら教室でも背後からヤられそうになるというね♪

 

ここまでくるとエロい生徒とエロい先生しかいないのかという学校かと疑ってしまいます。

もし私がここの先生だっとしたら、ちょっと無理ですねぇ。

なぜかっていうとそこまでカラダがおいつかないからです(⌒▽⌒)